5/2 神子元島 カメ根

Category : 磯釣 |

2018.5.2 空撮



5/2 二日目

3:30頃起きて、エサやさんへ


店頭でコマセを作らせてもらい、三軒家渡船を目指す

船宿で、乗船名簿を記入し、乗り場へ


スゴイ人数で、あいかわらずスゴイ荷物だ

5:00前頃出船


カッコイイ船で、メチャ早い

20分チョイで神子元に着いてしまった

2018.5.2 神子元




エビ根から着けていく


青根や本場を廻り・・・カメ根で、ウチら5人お呼びがかかった

ここも前日に続いて超一級磯らしい

2018.5.2 神子元 カメ根

6:00満潮とのことで、すぐにピトンを出して、荷物へロープをまわす


足元は何度が強いウネリにさらわれたが、徐々に落ちる予想



神子元の灯台に向いてスタートした


2018.5.2 かめ根から


とにかく激流
2018.5.2 激流と底物師2



川みたい
2018.5.2 激流と底物師


本流に入れると仕掛けもぶっ飛ぶが、引かれ潮から入れていくと、どんな仕掛けでも沈み潮を捉えて、深く入る


しばらく流したところで、あたるもイサキ


タカベは釣れなかった



やはり昨日と同じで、グレは沖にはでない

足元、島の際の竿1本半位の棚で・・・グレ!!


やったー 30チョイだが嬉しい


際狙いに絞ってギリギリをトレース


強いやつは何度かあたり、ぶち切られたし、ハリスもあたったし、何より見えてからの針外れも悔しかったなー



2018.5.2 サンノジ


イスズミに加えて、サンちゃんは獲れましたよ

強かったなー



際狙いで、ごつごつ叩く引き

グレじゃないかなーとも思ったのですが、人生初 尾長の30cmくらいのも釣れました(😢)


2018.5.2 小長



潮が引いて、神子元側の角に立てるようになり、立ち位置を移動


3ヒロから少し引かれて沈んでいくウキが一気にイン!!


重量感ハンパなく、高切れ1回、しばらくして同じようなあたりからのハリス切れ1回



また今日もやり取りさせてもらう前に瞬殺 2発




一部始終を見ていたユウさんから・・・


『同じことをやって二発切れたのだから、次に喰ったら違う事をやってみたら!!』

とのアドバイス^^



最初に絞ることばかり考えていたが、オーバーハングしているため、魚が下に行くと簡単にあたる



それをかわすためには、右に10m位動いて、沖に竿を出せるだけ出すしか・・・


『糸を出しながら右に走って、右角でやり取りしてみたら!!』

とのアドバイス^^



違うことをやって見よう


沈んで焦った気持ちを落ち着かせて・・・




またまた来るぞーという感じで・・・イイ感じで しもった ウキが一気にイン!!



『出せ出せ!! もっと出せ』

というユウさんの声が聞こえて、レバーを離しながら右へ走る



角に立ち 竿先を海中に入れて、島から離すようなやり取りを開始


重量感 スゴイ


何度か突っ込みがあり、レバーブレーキを使いながら、体制を整え・・・魚がオーバーハングから出た



ウキが見える


ようすけは、『サンペイです~~』と喜んでるwww


自分は、でかいグレであっってくれーと思っているwww


なんか白い


ババかよ~


と思った矢先


『本石だー』とようすけが叫ぶ


底物師 二人がヒートアップwww


落ち着け、冷静にまだまだあわてるなーと、アドバイスいただく^^




タモにIN


ヒデさんの目測ですが、2.2kg位かなー


2018.5.2 本石 2.2kg


2018.5.2 本石


シマシマが消えた 石鯛

なんとか獲りました



ヒデさん・ユウさんは、『なんで居るのに高けーエサを喰わないんだ』www

と嘆いていましたが、『良かったのー・・・良かったのー』と喜んでくれました

本音は、グレが欲しかったなーwww


2018.5.2 釣果

今日は、35cmくらいまでのグレがポツリポツリ釣れました

本石は自信になりました^^







2018.5.2 神子元 帰路



また必ず来ます



最高でした






5/2に海老名まで戻り、家呑み


すぐに気絶してしまった^^


翌5/3 4:00 ようすけを起こさずに出発


色々ゆっくりして16:00頃到着でした


下りの渋滞に追いつかれるかどうかのギリギリでしたが、嫌な渋滞には巻き込まれんかったです



近く感じてきました


また行きます^^




5/1 鵜戸根島 二ツ根

Category : 磯釣 |

海老名在住のようすけを頼りに、トミヤスと一緒に遠征


今がどんな状態なのかも良くわからないままでしたが、楽しみでしょうがなかったっす


4/29 21:00出発

新潟周りを選択し、関越⇒圏央道⇒海老名まで

翌早朝 6:00頃に到着

すぐにようすけのところで朝から呑み・・・・寝かせてもらう


14:00ころから行動開始

釣具のブンブン 相模原店へ行き徘徊ww

品揃えがすばらしい

その後、東名⇒小田原・厚木道路で、エサ解凍をお願いしていた『小田原マリン』さんを目指す


19:00集合で、ようすけは八王子に底物師の斎藤ヒデさんを迎えに行って、小田原マリン集合にした


久保野さんお店に居りましたが、一緒に撮ってもらうの忘れたー^^

待っている間お店の下の漁港に降りて、ヤエンでの春アオリを見学

でっかいスミ跡がけっこうありましたよ~

2018.4.30 小田原マリン下


18:30頃 ようすけと合流し、エサづくり

2018.4.30 小田原マリン エサづくり


ここから、下田港を目指す

途中、ガンガゼやヤドカリやサザエを仕入れながら



下田でコンビニにより、下田フィッシングで仮眠


1:45出船

1:00頃からガヤガヤしだして、起きて準備した


すごい人数、すごい道具類の数


船底の寝場所も満員で外しかない


船長が乗り込み出発


2時間位の長旅

ウトウトしていたが、船が減速し、一気に目が覚めた




ゆっくり磯場を見ながらぐるっと鵜戸根島を回る


カツオ根は朝一かぶっていて、逆方向の二ツ根から磯付け


ようすけが呼ばれ、なんとウチらから降ろしてもらった


ぜんぜん予備知識が無いが、底物も上物も超一級磯とのことで、ドキドキが止まらない


斎藤 ヒデさん&ユウさん兄弟とようすけが底物狙い

自分とトミヤスが上物

2018.5.1 鵜戸根 二ツ根2


2018.5.1 鵜戸根 二ツ根


朝一は暴風で、風を背負えるところ、となりの渡れない根との間の溝で、巨大サラシが出ているところへ陣取る


まだまだ足元を洗っている状態で、サラシの高場にとみやす


一発かぶりそうなところに自分が陣取る

案の定、足はすぐ濡れたww

バッカンごとイキそうになるので、ピトンへかける


さぁ 開始

2018.5.1 鵜戸根 二ツ根 朝日


日本海では味わえない、朝日に向かう釣り


すぐにタカベやイサキが入れ食いに


美味しい魚だと聞いていたので、25ℓクーラー満タンまでKeepした^^


薄明るくなると、サラシの弱まったところで、グレが見える


かなり水面近くまでコマセに乱舞しているが、サラシをはさんで反対側からこちらには来ない


沖に向いて、サラシの左や先はタカベ・イサキ

サラシの右がグレ・イスズミ



朝日がより強く ウキが見えない


サラシにミチイトがとられたりで、状況が見えないなか、指を弾くあたり


オーバーハングしているらしく強烈に足元に突っ込まれハリスがあたる


穴に入られる

強烈に絞られ、2.25通しが何度もブチ切れた

2018.5.1 イスズミ


船頭さんは8号通しが標準とのこと


ハリスも3号までしかないので3号を結んだが、その後も何度かぶち切られ・・・

風がやみ、潮が引いてからは、アタリも遠のく


トミヤスはグレを5枚くらい獲った

最大で40cmチョイ

他のも40cm近い良型口太


後半、完全に付けエサは見切られていたが、上に見えた魚はデカかった

本当にドキドキがとまらん


と同時に、腕の悪さに自分でもびっくりしたっす


見切られて、掛けれず、朝は全く獲れず



13:00納竿


2018.5.1 二ツ根から


2018.5.1 二ツ根から高島


2018.5.1 平根


片付けして周囲を見回すと、壮大な景色に感動モンでした



帰路・・・
2018.5.1 帰路


ようすけとパチリ・・・
2018.5.1 帰路 ようすけと



竿の角度もやり取りも大物経験が少なく、全く話にならなかったですが、本当に良い経験になりました


何度も掛けてやり取りできた分、今でもスピード感、重量感・・・イメージできます


次回まで、さらに精進します





下田港まで、船頭の幅広い趣味なのか・・・爆音で小泉今日子や聖飢魔ⅡやSHOWYAなどを聞きながら(爆)

寝れんかったワイ




下田のホテルにチェックインして、ルービーからの温泉からの、飲み食い放題で、昇天しましたwww



あまりにおもしろくて騒いで、画像無し



5/2に続く

















2/17~2/18 下北 サクラマス ジギング

Category : 船釣 |

ヤイッヤー 久しぶりすぎる

マスジギ^^


スキー部の娘を持ち、あきらめていたここ数年


冬の風物詩的な釣り

10年ぶりくらいに下北 野牛漁港から行ってきました


2018.2.18 マスジギ 朝日丸


2/16 20:00 自宅発

0:00前位に漁港へ着して寝る・・・それほど眠れないww

今日は、マサキさんとヒロノブさんとジュンさんの全4名

大盛丸さんにて6:00出船


あまりの吹雪・暴風・高波で画像無し


2時間くらいなにっも釣れず、あきらめかけていたころ・・・スーパーヤマメ級がH I T!!


そこからなんだかんだで14:00ころまでなんとか海況も持ってくれて合計4本^^


MAX2.7kgでした



指先も限界で、スキー帰りよりもひどいくらい雪をまといながら

朝日丸船長へ「明日も出るのでしょうか???(でなくてもイイですよ・笑)」と聞いたところ、即答で「出る」って




今日よりも悪いんでない???

まぁセンパイもノリノリなんで、一度キャンセルした宿を取り、むつ泊



飲み屋さんビックリするくらい沢山なんですな~



翌日 6:00 出船へ向けて出発


2018.2.18 マスジギ 朝日丸 2


2018.2.18 マスジギ 朝日丸 3

出待ちしてたら乗り込んできたのが偶然 シンさん(驚)


10年ぶりくらいに会いましたわい



今日も暴風・高波

吹雪は昨日よりは良かった


昨日の反省をもとに、ゴム手を買ってきたんで、指先はまだいい感じ


オープニングの一投目から釣れて11:20早上りまでの間に5本

2018.2.17-18 釣果




2018.2.17-18 釣果 (2)


二日間で9本釣れて、いつもお裾分けできていない人にたまにはおすそ分けをば・・・


喜んでいただけました




フライ、焼き


2本は冷凍し、ル・イ・べにします^^


楽しみだぜ~







1/2〜3 塩浜漁港

Category : 磯釣 |

2018.1.3 吹雪



1/2 つりショップ海風主催の金杯へ参加

今年もトモハルと^^

3:00ころ出て、まずは海風により、付けエサを買い、ご挨拶を!!


磯見ながら北上も、かなりの風・・・薄明るくなると一面真っ白でウネリもヤバい

戸賀湾に戻って、塩浜漁港に決定


あまり怖くないテトラで、低いところに下がると風も直接当たらない・・・軟弱者に適したポイントでしたww

2018.1.2 塩浜 トモハル


開始数投後からエサが取られ、たまにフグ 5cm・・・


ネリエサも突っつかれて持たず、ドスンと沈めても下にもフグ


崩れテトラか、適度な障害物も多かったですが・・・


16:00頃コマセ切れ終了



明日は違うところに入ろうと、急ぎで北上し磯を眺めるが、思った以上にひどいww

2018.1.2 豚臭地磯


海風に戻ると、予想通り沢山の釣果が


複数枚数釣っている方、良型釣っている方、いつもながらすごいなぁ〜と思う訳です^^



海風でコマセを作り、市内へ

トモハルと宿泊し、かるく新年会&作戦会議

2018.1.2 トモハル

他の場所に行こうってことで合意して、早朝4:00起床



1/3 猛吹雪の中 男鹿へ向かう

まずは北磯から・・・・・・・・・・・・・・・・・無理ww

2018.1.3 弁天 鵜島向


2018.1.3 開発向


2018.1.3 昆布向


一気に南下・・・館山南向きを確認も先行者おり、そこ以外は厳しい

再度見ながら北上も、剣崎も無理


たどり着いたところは 塩浜漁港www


7:00も過ぎていたので急いで開始

すぐに昨日と同じ 小フグが襲来www

チヌが寄っていた・・・とはならず・・・


それでも時々陽も差して、今日もマッタリ・・・のはずが、10:00頃から向かい風猛吹雪(爆)

仕掛けもコマセも投入できない・・竿も振れない・・立っているのも厳しいくらいの向かい風爆風+吹雪


手も足も顔面も限界で、沖向きテトラに場所移動ww


こちらは意外と快適

赤灯テトラ群を飲み込む大波

2018.1.3 赤灯


塩浜消波提と赤灯テトラの間を抜けてくる波は、川を逆流する流れのように、轟音で巨大


サバも根太もすごいことになってる


でも足元から適度な払出と横流れから縦に吐ける流れがあり、釣れると思ったのですが・・・


フグ



14:00過ぎまで粘るも、コマセ切れ終了


今年の金杯は両日とも完封されて終了しました




同行したトモハルもイイトコ無し









海風に戻ると、1日目よりも魚が出ている様子



表彰式

スゴイの一言です

入賞された皆様、おめでとうございました^^

竿・タモのえ・リールなどなど、相変わらずの豪華景品でした


全員に抽選やジャンケンで豪華景品があたり、新年の挨拶をかわし、笑いが溢れています


もちろん新年一発目・・・当然釣りタイわけですが、釣果無でも楽しい冬の風物詩的な大会です




男鹿を知り、寒の時化を知り、・・・


苦節何年になるかわかりませんが、いつか獲りたいタイトルの一つです

冬場の経験・・・決めたらやりきる信念・・・波風雪に心折れない気合・・・と思っていますが、頭を柔らかく意表を突いた場所選びもまた、大時化の時には必要かもしれないですね


冬場にはなかなか釣りに行けない状況ですが、時化を嫌わずに、経験を積みたいと思います


また来年


挑戦させていただきますよ〜







本年も宜しくお願いいたします




12/21 昆布浦

Category : 磯釣 |

12/21 久しぶりに代休

まだ娯楽を自粛すべきか悩みましたけど、行っちゃいました^^


今回はトモハルと

久しぶりの背負子・・・フラフラするくらい重い

うっすら明るくなってきたところで、つづら折れから降りる


2017.12.21 智治と


久しぶり昆布浦へ

生2角とチヌパワームギスペシャル + 湾チヌスペシャル


長久手から昆布浦まで、たくさんの釣り人でにぎわっていました

7:30ころからマッタリ開始


全くエサが残らず・・・

エサ取りは、アジ 大量 + タナゴ まずます + 豆フグ ∞

元気よかったらまた登って場所移動したいところですが(笑)・・・・無理^^



粘るときめて、色々と


口火を切ったのがトモハル

練り餌で一枚 35cmほど


上のエサ取りは依然活発だが、通れば居るみたい



久しぶりのチヌ釣りでネリエサを忘れ、少しもらって開始

なかなか釣れない



お昼頃 ネリエサ ゆっくり沈んでいる途中でひったくるアタリ

38cmくらい・・・

良く引いた

2017.12.21 一枚目



ここで、12時 ランチタイム

お湯を沸かしてくれるってことで、磯カップラー !!

暖まり、うまかった



再開するも、エサ取り軍は変化なし


オキアミは色々変えても、どれも通らず・・・


再び練り餌で放置・・・

2017.12.21 二枚目


立て続けに同じようなサイズが2枚釣れた



最後にスカッと一発オキアミで!!と気合入れましたが、不発ww


トモハルは、二枚目をオキアミで、ラスト10分くらいのところで練り餌でラスト一枚 お見事でした^^


3枚:3枚
2017.12.21 釣果


あのエサ取り軍を考えたら、まぁ・・良かった

ネリエサの凄さを再確認しました


オキアミは、一回だけ残り、他は毎回取られました



2017.12.21 昆布浦


色々立ち寄りたかったのですが、夜は中国人研修生の送別会

2017.12.21 送別会



疲れた






また行ける限り行きます











追記

G杯グレ 暖かいメッセージ、お志いただきましたが、不幸事があり直前で辞退いたしました。

この場を借りて、お詫びいたします。

改めて、色々な方々にお世話になり、色々な方々に迷惑をかけながら生きているのだと痛感しました。




2017.12.2 荷物Return


荷物は大分県まで行ったのですが、使われることなく帰ってきました

次こそ生身の本体が大分に行けるように挑戦を続けます^^



合掌